小野あつこの結婚&彼氏まとめ。足太い、歌が下手と噂について

NHK歌のおねえさん小野あつこさんの結婚事情、彼氏事情を調査!

足が太いとか歌が下手だと言われる理由はなに?

あつこおねえさんこと小野あつこは結婚してるの?

小野あつこさんは NHK「おかあさんといっしょ」の第21代目うたのおねえさんとして活躍しました。

うたのおねえさんといえば恋愛禁止というイメージですが、小野あつこさんは結婚しているのでしょうか?

実際、 うたのおねえさん時代は恋愛禁止、結婚禁止だったそうです。

とは言え、いい年ごろの女性が彼氏なしで日々を過ごすのもつまらないものです。

ですが、イメージが何より大事ですからね。

うたのおねえさんを引退してすぐに結婚すれば、現役中に恋人がいたんだと言われますし、結婚のタイミングも難しいです。

スポンサーリンク

また、 小野あつこさんは現在25歳と、結婚を焦る年齢でもありません

小野あつこさんに関して言えば、 今現在も結婚はしていないようです

小野あつこの彼氏の噂について

結婚はしていなくても彼氏はいるのでは?と当然思いはそこへ行きますよね。

実は小野あつこさん、 うたのおにいさんの横山だいすけお兄さんや、花田ゆういちろうお兄さんと付き合っているのでは?という噂が流れていたことがありました

何て近場で固めるんだと思いましたが、出会いがお兄さんしかいなかったのかな?とも思いました。

もちろん、これは噂レベルで本気にしてはいけません。

うたのお姉さんとうたのお兄さんが付き合ってるなんて、あまりもリアルすぎてお母さん方からも受け入れてもらえそうにないですよね。

でも一方では、お姉さんとお兄さんの爽やかカップルを望むお母さん方もいるようです。

小野あつこさんが今現在彼氏がいるのかどうかは分かりませんが、やはりうたのお姉さんとして相応しい彼氏であってほしいと願います

「うたのおねえさん」は恋愛禁止

小野あつこさんだけに限らず、 昔からうたのおねえさんは恋愛禁止でした

恋愛禁止に関しては アイドルグループAKBより厳しいと言われています。

その他にも禁止事項だらけの現状があるようです。

スポーツや車の運転はケガをしたり事故に遭ったりするので禁止。

恋愛、結婚、妊娠も当然禁止。

また、飛行機が欠航して収録に間に合わないなどのトラブルを避けるため海外旅行も禁止。

うたのおねえさんは1人しかいなく、代役がきかない世界ですから、とても厳しい禁止事項があるようです。

それでも 採用倍率600倍と言われるほど、うたのおねえさんになりたい人はたくさんいるようです。

スポンサーリンク

小野あつこの足が太いと話題に【画像】

あつこおねえさんの足が太いと言われていますが、まず画像を見てみましょう。

確かに全体的にアンバランスで、体は細めなのに足だけ太く見えるかもしれません。

あつこおねえさんの場合は、ワンピース姿が多く、足が出ているのですが、白い靴下を履いているからか、足が膨張して見えることはあるかもしれません

ですが、健康的でいいと思いますけどね。

ガリガリやぷよぷよの方が問題です。

歌のお兄さんとお姉さんは就任後に年間で3000曲の歌と踊りを覚えるそうです。

計算すると1日新しい歌を10曲覚えることになります!

取り方によっては、 毎日踊ることで足に筋肉がついたという事もあり得ます

小野あつこの歌が下手?

小野あつこさんの経歴を見ると、 東京音楽大学で声楽を学び、その後東京音楽大学大学院に進学してフランスやロシアのクラシックの楽曲を勉強してきました

当然、歌声に対する評価は期待しますよね。

ですが、 あつこおねえさんは歌が下手だと言われていたのです

音程がずれていると話題に

うたのおねえさんとしてはあるまじきことに、あつこおねえさんは歌が下手だと言われているのですが、それは コンサート収録の時に限って多く言われていることが分かりました。

スタジオ収録、すなわち普段の平日にテレビで流れてくる番組では、実は小野あつこお姉さんの歌には特に違和感がありません。

一方で、土日に放送されるコンサートの収録や収録DVDを拝聴すると、「音がズレてる」「声が震えている」ことがあります。

どうしてそんなに歌声に差が出てしまうのでしょうか?

歌が下手と言われている理由

先ほども申しましたが、うたのおねえさんになるには600倍の難関を潜り抜けた強者しかなれません。

そのうたのおねえさんが歌が下手だとは、ちょっと見逃せない話題ですが、テレビとコンサートの時でこんなにも差が出てくる理由を考えてみました。

・スタジオとコンサートホールでの音の反響が違うから

・舞台やコンサートでの経験の少なさ

・歌のテイストや歌い方がクラシックとは違う

などの理由が考えられます。

やはり緊張もあるでしょうし、環境によって歌声が変わってしまうのは仕方がないことです

それでも、 楽しく、明るく、元気に歌を届けられれば、子供たちは嬉しいのではないでしょうか。

スポンサーリンク
スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする