広島カープ加藤拓也の結婚事情をチェック!性格や態度が最悪ってマジ?

プロ野球広島カープの加藤拓也選手の結婚についてまとめました!

加藤拓也さんの性格や態度が悪いとの噂にも切り込みます!

【結婚事情】広島カープ加藤拓也は結婚!2017年10月に1歳上の女性と入籍

広島カープへドラフト1位で入団し今年3年目になる加藤拓也選手。

2017年10月2日に婚約者と一緒に広島市の球団事務所へ行き、結婚を報告しました。

プロ野球選手は若い頃に結婚する方が多いですね。

それだけ健康管理、栄養管理のサポートをしてくれる方が必要だということでしょう。

もちろん愛情溢れる家庭を持ちたいということが最優先ですが。

山あり谷ありのプロ1年目をいつも近くで支えてもらった。

スポンサーリンク

勝負の2年目へ。加藤が最高の伴侶を得た。

「結婚したから頑張るのではなく、頑張らないといけない。自分が活躍することが相手のためになる」

加藤らしい言い回しで決意を語った。

結婚してから成績が良くなる選手も多いですから、加藤拓也選手の奥様もあげまんであるといいですね。

そして2018年12月にこんな出来事がありました。

広島は14日、来季から加藤拓也投手の登録名が矢崎拓也に変更となると発表した。

ユニホーム背ネームも「KATOH」から「YASAKI」となる。

加藤は今年1月に入籍しており、鈴木球団本部長は「結婚を機に籍が変わった」とだけ説明。

妻側の籍に入ったことから名字が変わっていたようだ。

来年から戸籍通りの名前で心機一転、勝負する。

なるほど・・・こういう手があったか・・・と思いました。

心機一転するのであれば、こういう方法の方が分かり易いですし、名前の重さというのも実感出来ます。

【馴れ初め】嫁とは慶應大学時代からの付き合いだった

では、加藤拓也選手と1歳年上の奥様とはどのような出会いがあったのでしょうか?

プロ野球選手というと女子アナが定番ですが、加藤拓也さんの場合は慶應大学在籍中に運命の女性と出会っていたようです。

実は女子アナと結婚する人ばかりがフィーチャーされがちですが、こうして学生時代から愛を育んできた選手も多いんです。

2年前に知人の紹介で知り合い、大学4年から付き合い始めた。

昨秋、広島入団が決まると、彼女も今春から広島に引っ越した。

結婚は自然な流れだった。

プロポーズはサプライズの演出を交えつつ、「結婚してください」と剛腕らしいストレートな言葉で伝えた。

結婚の決め手は「自分に必要な方だと思ったので」とキッパリ。

休日は映画観賞などでリラックス。

価値観も似ており、料理は「どれもおいしいです」と照れ笑いを浮かべた。

スポンサーリンク

これから限られてた野球生命の中で、内需の項として奥様の支えと共に活躍出来るといいですね。

加藤拓也の性格は最悪!インタビューでの態度(塩対応)や頑固なエピソードまとめ

まだ2年目のルーキーでありながら、そのインタビューの受け答えについて問題視されている加藤拓也選手。

その時の試合状況はこんな感じでした。

20日のオリックス戦では5回4安打2失点と試合を作る投球を見せた一方で、制球に課題を残した。

要所でコントロールが乱れ、与えた四球は4つ。

5イニングを投げ切るのに要した球数は102球にも及んだ。

加藤拓也選手は途中で降板しインタビューを受けるのですが、その時の態度が酷かったようなのです。

インタビューを担当した広島HOMEテレビの廣瀬隼也アナウンサー(33)の質問に対し、冒頭の1分ほどは口数が少ないながらもしっかりと受け答えしていた加藤投手。

だが、本人が「課題が多かった」と振り返った登板結果についての質問が続くと、徐々に返答は無愛想になっていった。

さらにインタビュー後半、広瀬アナから「正捕手の石原(慶幸)さんに球を受けて貰いましたが、どんな感想がありますか」と質問されると、「どんな感想?いや、とくに感想はないですけど」と素っ気なく返答。

また、今日の試合で打席に立ったことについての感想を求められた際も、「感想すか?打席立ったなって感じしか無いんですけど。感想?」と半笑いで一言。

広瀬アナが続けて「バッティングは好きな方ですか?」と聞いても、「別に好きじゃないです。ハイ」といかにも不機嫌そうに答えていた。

まだ2年目でこういう態度を取るのはやはり生意気だと思われますよね。

もともとこういう性格なのかもしれませんが、反感を買う一方でこの「ふてぶてしさが好き」と擁護する声もあることは確かです。

どちらにせよ、たくさんいる選手の中では悪い意味でも印象に残る選手です。

これぐらいキャラ強めな方が大成しそうですが。

2ch(なんJ)でも評判も軒並み悪くて草生えるwww

加藤拓也さんの生意気なインタビューでたちまちネットは炎上。

「最初だし受け答え下手なのはわかるけど、なんでこんな喧嘩腰なん」
「さすがにちょっと見てて不快感を覚えるな…」
「何様なの?」
「このインタビューだけで加藤を応援する気なくなった」

など2ちゃんねるでも叩かれました。

ですが、炎上するほど注目されている証拠ですから、もっともっとやっちゃって!と個人的には思います

これくらいはっちゃけないとピッチャーという孤高のポジションは務まりません。

スポンサーリンク
スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする