片平夏貴が結婚していた旦那は東国原英夫。子供や現在の活動について!

フリーアナウンサーの片平夏貴さんが結婚した相手はあの東国原英夫さんです。

今回は片平夏貴さんの結婚事情に注目して記事を作成しました。

また、子供や現在の活動についても調べました。

片平夏貴には離婚歴あり!結婚していた元旦那は東国原英夫だった!

片平夏貴さんは、東国原英夫さんと結婚をしますが、現在は離婚をしています。

片平夏貴さんは東国原英夫さんと1985年に結婚しています。

二人が出会ったきっかけは番組の共演で意気投合し、宮崎県出身ということもあり、結婚しました。

出身地が同じということで共通の話題などもあったのでしょうかね。

めでたくゴールインし、片平夏貴さんはこの結婚をきっかけに名前も変えているのです。

片平みきよという本名で活動していましたが、結婚を機に東みきよに改名しています。

スポンサーリンク

しかし、冒頭にも書いた通り、お2人は離婚をしています。

結婚をきっかけに名前まで変えた片平夏貴さんですが、いったい何がきっかけで離婚したのでしょうか。

結婚の4年後に離婚。離婚理由は「フライデー襲撃事件」?

片平夏貴さんと東国原英夫さんは結婚してわずか4年で離婚をされています。

割と結婚生活は短かったのですね。

離婚の原因について気になりますが、原因についてははっきりした情報はありませんが、「フライデー襲撃事件」が関係しているという噂があります。

「フライデー襲撃事件」は、1986年にビートたけしさんと交際していた専門学校生の女性に対し、『フライデー』の契約記者が女性に怪我を負わせ、怒ったビートたけしは、講談社本館のフライデー編集部に軍団のメンバー11人と押し掛け、暴行傷害事件へ発展したというものです。

東国原英夫さんは乗り気じゃかったのですが、師匠に呼ばれて嫁に「ちょっと行ってくる」と言って参加。

しかし事件は不起訴となるも4~5か月自宅に帰ることができず、やっと帰った時には荷物が消えていました。

スポンサーリンク

家に帰ったらびっくりしたことでしょうね。

このように離婚原因はフライデー襲撃事件だと言われていますが、実は不倫の噂もあるのです。

このとき、東国原英夫さんと次の奥さんである、かとうかず子さんとの関係が始まっていたからと言われています。

東国原英夫さんは、かとうかずこ(現かとうかず子)の関係が原因で離婚

その他、このような情報もありました。

印税で遊びまくる東国原さんに片平さんは愛想をつかし、1989年に離婚に至りました。

逮捕された夫に愛想を尽かしたという情報や、不倫などいくつか離婚原因があるようですが、これらの積み重ねがあったからというのも考えられますかね。

片平夏貴さんは離婚のタイミングでも改名をされています。

芸名を片平夏貴と改名し、『NNNきょうの出来事』(日本テレビ)のお天気キャスターなどを務めた。

名前を変えて気持ちを新たに出発したかったのかなと思います。

東国原英夫との間に子供はいたの?

片平夏貴さんと東国原英夫さんとの間に子供はいるのでしょうか。

子供に関しては詳しい情報はありませんが、どうやら子供はいるようです。

2人の間には子供も生まれているようです。

ただし、その性別や人数については明らかにされていません。

離婚後は、お子さんは片平夏貴が一人で育てたらしいです。

お子さんは何人いるのか分かりませんが、1人で子育ては大変だったことでしょう。

片平夏貴の現在の活動が気になる!

片平夏貴さんは現在なにをされているのか、現在の活動などについて調べましたが、情報が全然ありません。

お子さんは既に成人されていると思いますので、子育てに専念しているというわけでも無いと思います。

残念ながら片平夏貴さんの現在については分かりませんでしたが、またテレビなどで見られる日が来ると良いですね。

スポンサーリンク
スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする