柿沼紫乃が結婚した旦那は古川登志夫?ドラゴンボールの声優が皆口裕子に変わったのは何故?

声優で、数多くのアニメに出演している柿沼紫乃さん♪

柿沼紫乃さんは結婚していて、有名キャラクターの声優としても活躍しています!

今回はそんな声優、柿沼紫乃さんについてご紹介したいと思います♪

【結婚事情】柿沼紫乃は結婚してる?→声優の古川登志夫と結婚していた!

柿沼紫乃さんとはこんな方です!

柿沼 紫乃(かきぬま しの、1965年10月27日- )は、日本の女性声優、ナレーターである。青二プロダクション所属。東京都世田谷区出身。

国立音楽大学付属高等学校卒業。

過去に劇団青杜に所属した。

スポンサーリンク

かつてはセーラームーンのうさぎの友達『なるちゃん』役としても活躍していました♪

現在53歳の柿沼紫乃さんですが、結婚をしているとの情報があります^^

ご主人は声優の古川登志夫さんです♪

声優同士の結婚って多いような気がします!!

お2人の馴れ初めはどのようなものなのでしょうか?

【馴れ初め】旦那・古川登志夫との結婚のきっかけが気になる!

古川登志夫さんとはどんな方かみなさんご存知でしょうか?

古川さんについても少しご紹介したいと思います^^

名前:古川登志夫(ふるかわ としお)

生年月日:1946年7月16日(2018年現在71歳)

出身地:栃木県栃木市

職業:声優、俳優、ナレーター、大学教授

所属:青二プロダクション

古川登志夫さんはなんと15人兄弟の末っ子として生まれています!

演技の世界に入ったきっかけは12歳のときに子役として児童劇団に所属したことでした。

15人兄弟というところがまずびっくりしますよね!笑

そして子役から声優になったということですね~^^

そんな古川さんとの出会いはなんだったのでしょうか?

古川登志夫さんと柿沼紫乃さんの出会いは『うる星やつら』での共演だったのでしょうか。

19歳差ですが、事務所も同じということで古川登志夫さんは柿沼紫乃さんのことを可愛がっていたのかもしれませんね!

ご夫婦になってからは『ドラゴンボール改』などで共演されています。

大人気アニメ『うる星やつら』が1985年で、ご結婚されたのが1991年頃だそうなので、うる星やつらでの共演がキッカケとなり、お2人がご結婚されたのではないかと言われています!

声優同士の結婚も多いので、やっぱり職場結婚ということになりますね^^

そんな柿沼紫乃さんですが、実は有名なあのアニメのキャラクターを務めているとか・・・!!

どんなキャラクターでしょうか^^

柿沼紫乃はドラゴンボールのキャラクター・ビーデルの声優で有名だった!

スポンサーリンク

なんと柿沼紫乃さんは大人気アニメ『ドラゴンボール』のビーデル役で出演していました!

ドラゴンボール改(2014年 – 2015年、ビーデル、パン)

ビーデルとはどんなキャラクターだったか覚えていますか?

ミスター・サタンの娘で、孫悟飯が通うオレンジスターハイスクールのクラスメイト。

格闘技の実力で父親のサタンを遥かにしのぐその強さは確かなものだが、本人にその自覚はない。

悟飯に舞空術を習う修行の過程で、悟飯に惹かれていく。

後に結婚し、一女(パン)をもうける。

ミスターサタンの娘でしたね~!!

そして悟飯と結婚したのがビーデルでした♪

懐かしい~^^

ちなみに旦那さんの古川さんもドラゴンボールの『ピッコロ』役としても有名で、このアニメで夫婦再共演を果たしています♪

実は以前のドラゴンボールでは、ビーデル役は柿沼さんではなかったようです。

何故、今回抜擢されたかというと・・・

理由はこんなことにありました。

ビーデルの声優が「ドラゴンボール改」で皆口裕子に変わったのは何故?

ドラゴンボールでビーデル役として出演していたのは『皆口裕子』さんという声優さんでした。

皆口裕子さんとはこんな方。

皆口 裕子(みなぐち ゆうこ、1966年6月26日 – )は、日本の声優、ナレーター、舞台女優である。

青二プロダクション所属。

ドラゴンボールZ(1993年 – 1996年、ビーデル、カドピー、パン)

美少女戦士セーラームーン シリーズ(1994年 – 1996年、土萠ほたる/セーラーサターン、少女)- 2シリーズ

代表的なキャラクターはドラゴンボールのビーデル、セーラームーンのセーラーサターン役。

記憶にある方も多いと思います♪

皆口さんに変わったのには理由がありました!

改のアフレコ当時、皆口さんは海外に留学なさっていて参加出来なかったそうです。

その為に柿沼さんが代役を務められました。

ちなみにブウ編のアフレコは、実はずいぶん前に既に終わっていたという話も聞きます。

セル編と合わせて録ってしまっていたとか。

その後皆口さんが留学を終えて戻られてまたアフレコに参加出来るようになったので柿沼さんの代役が終了した、というだけのことです。

元々は、ビーデル役は皆口さんだったのですが、『ドラゴンボール改』放映時には、留学されていたんですね。

その代役が柿沼さんで、皆口さんが戻ってきたので終了したということだったんですね~。

なるほど!

声優界ではたまにある話なのではないでしょうかね♪

今後も柿沼紫乃さんが出演する作品を楽しみにしたいです!

スポンサーリンク
スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする