浅賀優美の結婚や妊娠情報まとめ。出身高校や現在について

タレントでキャスターの浅賀優美さんの結婚&妊娠情報を発信!

出身高校や現在にも切り込みます!

浅賀優美は結婚してるの?

浅賀優美さんはアイドルアナウンサーを多く輩出しているセント・フォース所属のタレント、キャスターとして活躍していました。

ですが、 2016年4月に突然芸能界引退を発表しました。

これは結婚するのでは?

と当時は言われていました。

ですがその予想は外れ、 浅賀優美さんはまだ結婚を機に引退したわけではなく、現在まで結婚の報告はありません。

慶応義塾大学法学部を卒業し、ビジュアルにも恵まれ、男性が最も好きな職業アナウンサーになったのですから、当然モテていたことと思います。

スポンサーリンク

ですが、釣り合いの取れる男性と出会えなかったのかもしれませんね。

浅賀優美が妊娠したというのはデマ

突然の引退だったため、その理由が妊娠して結婚するからという噂が流れました。

それほど、浅賀優美さんの引退には謎が多かったのです。

ですが、上でも申しましたように、 浅賀優美さんの引退理由は妊娠、結婚ということではなかったようです。

もちろん、 妊娠というのも全くのデマです。

今でこそ、「授かり婚」などと言われ、出来ちゃった結婚は珍しくなくなりましたが、やはりお嬢様育ちの浅賀優美さんが出来ちゃった結婚というのはイメージダウンに繋がります。

浅賀優美の出身高校はどこ?

浅賀優美さんの学歴を調べましたが、大学からは分かったのですが、 出身高校は分かりませんでした。

神奈川県出身ですので、県内の高校に行かれたことと思います。

恐らく、 進学校だったことと思います

何故なら、大学は慶應義塾大学法学部に入学しているからです。

幼稚舎から慶應だったらそうプロフィールに記載して恥ずかしくない内容ですから、それがないということは大学から慶應義塾大学へ進学したということになります。

慶応義塾大学法学部法律学科を卒業した後は、慶応義塾大学大学院経営管理研究科(慶応ビジネススクール)に進み卒業後、ダートマス大学タックビジネススクールへ留学しています

中学の頃からアナウンサーになりたいという夢を持っていたそうですが、経営学を学んだようです。

浅賀優美の現在について

浅賀優美さんは引退してしまったため、 現在は一般人ということで、今何をされているのかは分かりません。

スポンサーリンク

ですが、 引退の際にはその学歴や勉強してきた経営学を生かして、企業に就職するのか、ご自身で会社を起業するのでは?と言われていました

詳しいことは知ることが出来ませんが、結婚もしていないようなので、バリバリ働いていることが想像できます。

引退してしまったのはなぜ?

2016年4月12日、浅賀優美さんは自身のブログに「ご報告」と題して、引退する旨を報告しました。

その中で引退理由をこう話しています。

理由は様々ですが、まとめると、二十代後半という自分にとって大切な時期を、芸能界ではない違う場所で、もっと活躍して経験を積んで過ごしたいという気持ちが高まったからです

はっきりと「〇〇をします!」という言葉はありませんでしたが、やはり勉強してきたことをもっと生かせる世界で、自分を試してみたいという向上心が沸いた結果でしょう。

「違う場所で過ごしたい」とコメント

上にも載せましたが、浅賀優美さんはブログで引退理由を綴っていますが、中でも一番心に残るのが 「違う場所で過ごしたい」という文言だと思います。

中学生のころからアナウンサー、キャスターになりたいと思っていたようですから、その道を目指していたことは確かなようです

慶応義塾大学のミスコンには出場していませんが、2011年に「Beauty and Earth2011」というコンテストで優勝しています。

就職の際にアナウンサー試験を受けたのかは分かりませんが、アナウンサーを多く輩出しているセント・フォースに入社したことから、一気にアナウンサーへの道が開かれたかと思います。

ですが、引退したのが25歳の頃。

25歳で人生の転機を迎えたことは早かったのか遅かったのか分かりませんが、浅賀優美さんにとっては大きな分岐点になったことでしょう。

現在は慶応でMBAを取得し留学

浅賀優美さんは 現在慶応義塾大学でMBAを取得し留学してい と聞きました。

MBAとは一体どんな資格なのでしょうか?

よく誤解されているのですが、MBAは資格ではなく学位になります。

MBAでは企業経営全般について学びます

代表的なものは、どのような組織や制度にすれば、従業員に効率的に働いてもらえるかを考える「人材マネジメント」、上手に商品を売るための「マーケティング」、企業の血液であるお金を扱う「アカウンティング」「ファイナンス」などです。

ほとんどの場合、これらの課目はケーススタディという手法によって進められます。

ケーススタディというのは、実際にあった事例に従い、もし自分がその事例の会社の経営者だったら、どういう判断を下すか、ということを考えていきます。

MBAを取得するには、3年間の実務経験を経てから大学院に入り直します

浅賀優美さんも引退後、もう一度勉強し直したわけですから、想いは強かったのでしょう。

夢だったアナウンサーの道を断ってでも、なりかった職業に就けることは幸せなことですよね。

スポンサーリンク
スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする