青木治親は結婚して妻はいるの?オートレースの賞金や兄弟について!

オートレース選手の青木治親さんの結婚事情を暴露!

オートレースの賞金、青木治親さんの兄弟にまでツッコミます!

【結婚事情】青木治親は結婚して妻はいるの?→2001年に結婚してた!

オートレース選手のレジェンド・青木治親さん。

これまで多くの大会を制してきた青木治親さんですが、私生活ではチャンピオンになったのでしょうか?

チャンピオンとはもちろん自身の結婚という意味です。

オートレース選手という常に危険と隣り合わせのお仕事ですと、やはり献身的な女性が必要となってきます。

アスリートと分類するならば、その健康管理、体重管理、栄養管理等も必要となってきます。

全てをサポートしてくれる女性と、青木治親さんは出会ったのです。

スポンサーリンク

それが藤川美代子さんと言う女性でした。

そして2001年青木治親さんと美代子さんは、めでたく結婚しました。

結婚相手の妻の名前は美代子!馴れ初め(出会い)は鈴鹿サーキットだった!

先でも触れましたが、青木治親さんは藤川美代子さんという当時25歳の女性と結婚しました。

二人の出会いは鈴鹿サーキットと言われています。

2人は、96年の鈴鹿8時間耐久ロードレースで知り合い、97年からは一緒に世界を転戦して来ました。

美代子さんはレースクイーンをされていたとのことですから、美しい姿に青木治親さんが落ちたのかもしれません。

オートレースに転身したのは妻・美代子の「一言」が後押しだった!

青木治親さんはもともとロードレースライダーとして活躍していました。

ロードレースライダーとしての限界を感じ、青木治親さんはオートレーサーへ転身したのですが、こう思っていたそうです。

「一生ライダーでいるのが自分の道かなと思いました。今までの経験を生かせない仕事は嫌でしたから」

青木治親さんにはバイク以外の選択肢はなかったようです。

そんな岐路に立たされた時、偶然オートレース29期生の募集時期が近いことを知り、青木治親さんは受験することにしたのです。

ですが、何と言っても決め手となったのは、妻・美代子さんの「やってみなよ」という一言だったそうです。

ここで、私も無知が過ぎて分からなかった疑問を調べてみました。

ロードレースライダーとオートレーサとは何が違うのか?という点です。

オートレースは、競輪、競馬、ボートレースと共に、国に認定された公営ギャンブルの一つで、楕円のコースを周回して順位を争う競技で、その他の公営ギャンブルと同様に、養成所を経なければ、選手にはなれません。

ロードレースは、各国のモータースポーツ連盟(日本で言えばMFJ)傘下で開催される競技に参加し、優秀な成績を収め、上手くいけば世界選手権などに参加するチームからスカウトされたり、あるいは、スポンサーを見つけて、自ら売り込んだりして、世界選手権へ出場出来る事もあります。

これで理解出来ましたでしょうか?

青木治親の年収はいくら?過去のオートレース賞金額から想像してみよう!

青木治親さんは幾度となくタイトルを獲得していますので、その賞金額も半端ないと思います。

例に挙げてみました。

平成26年 20,683,165円

平成25年 22,906,410円

平成24年 26,623,760円

平均しても2千万円以上のお金は収入として入るわけです。

それに伴い、危険を覚悟しての命がけのお仕事としたら、逆に安いくらいなのかもしれません。

青木治親はバイクロードレーサー青木さん兄弟の三男!兄2人についてチェック!

スポンサーリンク

青木治親さんは3兄弟の末っ子。

お兄さん2人もロードレースライダーとして活躍している、群馬が生んだスーパー3兄弟です。

青木治親さんの2人のお兄さんについてもご紹介していきます。

長男は青木宜篤、次男は青木拓磨でともにオートレーサーだった!

長男・宜篤さんについて簡単にご紹介します。

1989年、史上最年少でロードレースライセンスが国際A級に特別昇格!

全日本ロードレース選手権GP250ccに参戦を開始します。

その後、1992年に全日本ロードレース選手権GP250cc ランキング3位を獲得後、 ロードレース世界選手権GP250クラスを経て、1997年、最高峰クラスにステップアップを果たすのです。

続いて次男・拓磨さんについて簡単にご紹介。

1990年にロードレースデビューを果たしました。

そしてロードレースにステップアップした同年、間瀬(新潟)地方選手権、NB125、F3Wチャンプを獲得するなど、驚異の成績を叩き出し、翌1991年 国内A級を飛び越し、一気に国際A級に特別昇格を果たすのです。

成績などを書きはじめると書ききれませんが、優秀な3兄弟、最強な3兄弟であることは間違いないです。

青木3兄弟以外で活躍するのなんて、例えばボクシングの亀田3兄弟くらいではないでしょうか。

青木治親の年収はいくらなの?

先ほども年収に関して少し触れましたが、色々調べたところ、おおよそですが青木治親さんの年収は2千5百万円ではないかと思われます。

ですが、これは少ない方で、中には青木治親さんの実力はこの程度だと言う声もあります。

実力社会の世界ですから、そういったところはシビアなのかもしれません。

オートレースの平均年収や賞金額をチェック!

オートレースと言ってすぐに思い浮かんだのが、元SMAPの森且行さんです。

アイドルに将来性を見いだせなかった森さんは、22歳でオートレーサーへ転身しました。

とは言え、オートレーサーに関して筆者もあまり知識がありません。

ゲスい話し、オートレーサーの平均年収や賞金はどのくらいなのか、簡単に調べてみました。

オートレース選手の平均年収は、実に1300万円といわれている。

2013年に国税庁が実施した調査によると、サラリーマンの平均年収は414万円ということなので、単純に3倍以上は稼いでいる計算になる。

高収入が期待できるオートレース選手だが、簡単になれる職業ではない。

まずは、合格率およそ50倍のオートレース選手養成所の入所試験に合格して、養成所で9ヶ月におよぶ厳しいトレーニングを受け、最後に選手資格検定試験に合格する必要がある。

高収入は簡単には手に出来ません。

苦労や努力の上にこそ、それに見合った年収が入るものだと思っています。

次に、オートレースの選手の給料体系について見ていきたいと思う。

まず、一般的なサラリーマンとは違い、月給制ではなくレースでの賞金が主な収入源となる。

オートレースの選手は半年ごとの成績で上位96名がS級、S級をのぞいた上位224名がA級、それ以下の選手がB級にランク付けされる。

もちろん、ランクが上になればなるほど賞金も高額になり、もっとも賞金の低いレースで1着およそ8万円、「SGスーパースター王座決定戦」など最高峰のレースになると、1着3000万円以上もの賞金を手にすることができる。

人間の心理として、やはり目指すもの、目標にするものがあるからこそ頑張れる訳ですから、高い賞金を狙っていくのは当然の心理です。

だからこそ憧れるのであって、だからこそ強くなるのだと思います。

スポンサーリンク
スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする