声優・安藤麻吹は結婚してるの?代表作は?相棒やバルサに出演?

声優の安藤麻吹さんの結婚について注目!

安藤麻吹さんの代表作や出演作をご紹介します!

声優・安藤麻吹は結婚してるの?

声優としてだけでなく女優としても活動している安藤麻吹さん。

仕事に忙しい日々を送っているようですが、いまいち見えてこない結婚生活はどんなものなのでしょうか?

そもそも安藤麻吹さんは結婚しているのか?

気になって調べたのですが、 安藤麻吹さんの結婚に関する情報が全く出てきませんでした

49歳というお年を考えると、結婚して子供がいるとしても全然不思議ではありません

声優さん同士で結婚するパターンが多いようですから、安藤麻吹さんももしかしたら声優さんと結婚している可能性はゼロではありませんよね。

スポンサーリンク

ただ、気になったのはある記事に 「芝居と仕事があればそれで幸せ」と話していたようなので、私生活での幸せはまだなのかな~?とちょっと思ったりしています。

声優・安藤麻吹の代表作① 精霊の守り人(バルサ)

安藤麻吹さんの代表作としては、 「精霊の守り人」の「バルサ」の声ではないでしょうか。

「精霊の守り人」は2007年4月7日~9月29日まで、NHKの衛生アニメ劇場枠で放送されたアニメです。

この 「精霊の守り人」はもともと児童文学として出版されましたが、大人にもファンがつき年齢関係なく幅広く愛される作品となりました

ちょっとややこしいので、「精霊の守り人」の正しい見方をご説明します。

この作品の世界には、目に見える人間の世界(サグ)と目に見えない精霊の世界(ナユグ)がある。

この二つの世界は同じ時、同じ場所に重なって存在する。

呪術師は呪術によってナユグを見たりそこの生き物と話したりできる。

また、ごく一部の人間(主に子供)は、呪術を用いなくてもナユグが見えることがある。

「守り人シリーズ」として、その後、「闇の守り人」「夢の守り人」「神の守り人」「天と地の守り人」が続き、「旅人シリーズ」として、その後「虚空の旅人」「蒼路の旅人」などが続きました。

安藤麻吹さんが声優を担当した「バルサ」とはどんな人物だったのでしょうか?

スポンサーリンク

カンバル人の女用心棒で、「守り人シリーズ」の主人公。物語開始時30歳。

女性ながら 「短槍使いのバルサ」の通り名と身のこなしを持つ凄腕の短槍使い。

幼少時、カンバル国王の主治医だった父・カルナが政権争いに巻きこまれた事から、自身も口封じに殺されるところを、父の友人だったジグロ・ムサに助けられてカンバル国外に逃亡。

以降、 ジグロに育てられ、追っ手から逃れ諸国を放浪中に彼女に武術の才能を見出したジグロから短槍術を習う

ジグロの病死後は彼に習った格闘や短槍の腕を活かして各地で用心棒稼業をしている。

ジグロと共にトロガイの家に居候していたことがあったためタンダとは幼馴染で、槍の稽古で怪我をする度に彼の治療を受けていた。

一番大事な存在がタンダ

安藤麻吹さんは堂々主役の声を担当しました。

声優・安藤麻吹の代表作② ファイナルファンタジー(ヲルバ=ユン・ファング)

もう一つ、安藤麻吹さんの代表作を挙げるとすると、やはり 「ファイナルファンタジー」ではないでしょうか。

「ファイナルファンタジー」はロイヤルプレイングゲームです。

ハマっていた人も多くいるのではないでしょうか?

大ヒット作品であることからシリーズ化され、現在は「XIII-プラチナコレクション」まで発売されています

安藤麻吹さんが声優をしているのは、 ゲームをする際登場する人物「ヲルバ=ユン・ファング」です。

「ヲルバ=ユン・ファング」の画像がコチラ。

ヲタクが熱狂しそうなキャラクターですね。

声優・安藤麻吹の出演作③ 相棒season9

安藤麻吹さんは声優以外にも女優としても活動されています。

人気ドラマ 「相棒season9」にも出演経験があります。

「相棒」シリーズは2000年6月から2001年11月にかけて、テレビ朝日系「土曜ワイド劇場」で単発ドラマとして放送されたのが始まりです。

2002年10月から連続ドラマとしてシリーズ化されたのです。

安藤麻吹さんは 「相棒season9」の第1話と第2話に「水元湘子」役で出演しています。

声優では主役クラスですが、女優としてはまだ脇役止まりのようです。

スポンサーリンク
スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする