赤堀雅秋は結婚してるの?宮沢りえとの関係は?初舞台は失敗してしまったの?

今回は赤堀雅秋の結婚や宮沢りえとの噂などについてまとめていきます。

【結婚事情】赤堀雅秋は結婚してるの?

劇作家、脚本家、演出家、映画監督、俳優として多方面で活躍する赤堀雅秋さん。

そんな赤堀さんは現在結婚しているのでしょうか?

それについて調べてみたところ…

赤堀雅秋のプロフィール

生年月日:1971年8月3日

出身地:千葉県

学歴:明治学院大学中退

スポンサーリンク

職業:劇作家・脚本家・演出家・映画監督・俳優

1994年、パフォーマンス集団「STAGE14°」

1996年、劇団「SHAMPOO HAT」を立ち上げ

座付き作家・演出家に。

2013年、『一丁目ぞめき』で岸田戯曲賞受賞

過去に『津田沼』『その夜の侍』『砂町の王』

で三度ノミネートされており、四度目にして受賞を果たしています。

2007年頃、「その夜の侍」を書いた頃に離婚しているようです。

インタビューの中で、

「10年ぶりに一人暮らしをした」

と言っているので、1997年頃に結婚したということになります。

とのことで、赤堀さんは1997年に一度結婚されたそうですが、2007年頃に離婚し、現在は独身とのことです。

宮沢りえとの結婚も噂されていたけどどんな関係だったのか?過去にはお泊りも報道されていた?

赤堀雅秋さんは過去に宮沢りえさんとの結婚も噂されており、お泊り報道もされたことがあるそうです。

そんなお二人は一体どのような関係だったのでしょうか?

それについて調べてみたところ…

2015年1月3日の深夜、飲んだ後1人でタクシーに乗って、都内のとあるマンションに向かった宮沢りえ。

マンションの玄関まで迎えに出たのは赤堀雅秋。

赤堀はりえの荷物を受け取り、手をつないで赤堀の自宅に入っていった。

という一連の状況を「女性セブン」にスクープされています。

この時、宮沢りえ自身は、「恋人じゃなくても2人で、ご飯を食べに行くでしょう?」と特別な相手ではないというコメントをしていました。

しかし深夜に飲んだ後、一人で男性宅を訪問したとなると憶測が飛び交うのは当然のこと。

当時、宮沢りえは離婚協議中だったために、このスキャンダルが不利に働いて、さらにこじれるのではと報道されていました。

宮沢りえと赤堀雅秋の再婚はあるのか?

晴れて離婚が成立したので、離婚協議中の交際相手と……という発想もあるかもしれませんが、その後の報道もないですし、個人的には宮沢りえと赤堀雅秋の再婚はないと思います。

たぶん、もう交際もしていないのではないでしょうか。

とのことで、赤堀さんと宮沢さんが過去にお泊りスクープされていたのは事実のようですね。

また、スクープされた当時は交際していた可能性が高いそうです。

宮沢さんが赤堀さんと手を繋いで自宅に入っていってる時点で怪し過ぎますよね。

宮沢りえは現在森田剛と結婚!

赤堀雅秋さんとお泊りスクープ宮沢りえさんですが、現在はV6の森田剛さんと結婚されているそうです。

2016年10月に、V6の森田剛さんとの熱愛が報じられた宮沢りえさん。

2人の出会いは、2016年8月に行われた舞台『ビニールの城』で初めて共演したことがきっかけでした。

スポンサーリンク

舞台が終了した後、急速に仲を深め、交際へと発展したそうです。

交際が明らかになってから、旅行やショッピングなどを楽しむ姿がたびたび報じられました。

そして、2018年3月16日に、都内の区役所で婚姻届を提出し、2人は夫婦となったのです。

宮沢さんは2009年に一度結婚し、2016年に離婚しているので、森田剛さんとは二度目の結婚だそうです。

宮沢さんには前夫との間に娘さんが一人いるので、森田さんは宮沢さんと再婚したことによりパパになったみたいですね。

そんなお二人は現在とても幸せだそうですよ。

赤堀雅秋の初舞台が失敗に終わってしまったってどういうことなの?

赤堀雅秋さんは「初舞台が失敗に終わってしまった」との噂があるそうですが、これは一体どういうことなのでしょうか?

それについて調べてみたところ、2017年に俳優の新井浩文さんのツイッターでこのような内容がツイートされていました↓

コメントには様々な回答がありましたが、正解が書かれたツイートを見つけることができませんでした。

コメントのどれかに正解があるのかもしれませんね。

舞台「大逆走」で吉高由里子に「言葉のチョイスが不細工」とダメ出しされていた…

そんな赤堀さんは舞台「大逆走」で吉高由里子に「言葉のチョイスが不細工」とダメ出しをされたと話題になっているそうです。

それについて調べてみたところ…

10月8日(木)、Bunkamuraシアターコクーンにて、舞台「大逆走」の公開稽古と記者会見が行われた。

会見の場には、主演の北村一輝、大倉孝二、池田成志、吉高由里子、峯村リエ、趣里、濱田マリ、大鷹明良、秋山菜津子、そして作・演出の赤堀雅秋が姿をあらわした。

一方、今回舞台初出演となる吉高は、稽古の頃を振り返り「初めてのことで不安もドキドキもいっぱいあるんですが、稽古場はとても楽しくて稽古場に行きたくないと思うことがなかった。

素敵な人たちと共演できて、初舞台に恵まれているなあと…本当に素晴らしい1か月でした」とシメのように語ってしまい、共演者から「終わってるよ(笑)」と突っ込まれると、それに乗っかるように「今までありがとうございました」と返し笑いを誘っていた。

ちなみに赤堀からの演出指導について質問が及ぶと、北村たちから「正直に言っちゃえ」とつつかれた吉高は「(赤堀は)比喩で例えることが多くて…ダイレクトな演出ではなくて…演出する言葉のチョイスが不細工で(笑)

本当は優しい人だしいろいろな言葉を知っている人なのに、なんでわざわざその言葉をチョイスするのかな、って」とストレートに言うと赤堀や共演者はもちろん、詰めかけたマスコミからも笑い声が。

「でもあたたかい人だからこそこういう事も言える」とフォローする吉高は、会見の後半では「さっきの発言、フォローの言葉も使ってください。(使わないと)恨みますよ」とマスコミに念を押していた。

とのことで、吉高さんが赤堀さんにダメ出ししたというのは事実だそうですね。

実力派女優として、いつもハッキリとした物言いをする吉高さんならではの意見なのではないでしょうか。

以上、赤堀雅秋の結婚についてのまとめでした。

スポンサーリンク
スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする