アグネスチャンが結婚した夫は金子力で結婚式は?実家や両親について

歌手のアグネスチャンの結婚情報をまとめました!

夫は金子力さんで豪華な結婚式を挙げたことは、未だ色褪せません。

アグネスチャンの実家や両親についても言及します!

アグネスチャンが結婚した夫は金子力

アグネスチャンが結婚した夫は、 アグネスチャンの元マネージャーだった「金子力」さんです。

今は少なくなりましたが、タレントとマネージャーが結婚することは決して珍しくないことです。

現在は、アグネスチャンが所属している事務所の社長をされています

夫・金子力の国籍は韓国なの?

アグネスチャンは香港出身の歌手として、70年代の歌謡界を席捲させたアイドルです。

スポンサーリンク

その頃、外国人の歌手が活躍することなどなかったに本の歌謡界に、神聖のごとく現れた元祖アイドルです。

アグネスチャンが日本人でないことは、何十年たっても上達しない日本語でお分かりかと思いますが、旦那様の国籍は韓国ではないかと言われています。

アグネスチャンと金子力さんが結婚したのが1986年。

当時は 「アグネスチャンが日本人と国際結婚」と報じられました。

「金」がつく苗字は韓国籍が多いと言われているからなのか、金子力さんも韓国人では?と疑われたのですが、 アグネスチャンは「純粋な日本人男性」だと断言しています

夫・金子力との結婚までの馴れ初め

初めの方でご紹介しましたが、アグネスチャンと夫である金子力さんは、タレントとマネージャーという関係から結婚まで至りました。

ただ、いつからマネージャーをしていたのかが分かりませんでした。

異国の地から言葉も分からずにやってきたアグネスチャンは、それはそれは不安だらけだったと思います。

その頃に担当していたマネージャーでは恐らくないと思いますが、 アグネスチャンが日本で活動するのには、夫の金子力さんのマネージメント能力が優れていたということでしょう

タレントとマネージャーは一緒にいる時間が長いですから、ついつい気を許ししまう存在ですし、テレビでは映らないありのままの素顔を知っているので、一緒にいて楽なのかもしれません。

結婚式に安倍首相が参加していた?

アグネスチャンには3人の息子さんがいらっしゃいます。

2018年3月28日に、アグネスチャンの長男が結婚披露宴を行いました

恵比寿のフランス料理店でレストランウェディングをした 長男の結婚式には、あの安倍晋三総理が出席していたそうです。

アグネスさんによると、首相とは約40年前から家族ぐるみで交流しており、披露宴で首相は「末永く仲良くやってほしい」と祝辞を述べた。

実は安倍晋三首相と昭恵夫人の結婚式に、アグネスチャンのファンということでアグネスチャンは招待され、「草原の輝き」を歌ったそうです

その他、ユニセスの活動等で繋がりがあったのかもしれません。

アグネスチャンの実家について

アグネスチャンは香港出身ですから 香港に実家があるようです。

アグネスチャンが歌手として日本で成功したので、日本に邸宅を建設したのかな?と思ったりしたのですが、アグネスチャンのご両親にしてみれば故郷を捨ててまで日本に来ようとは思わなかったのでしょう。

実家の場所・住所は香港

今申しましたように、アグネスチャンの実家は香港にあります。

詳しい場所や住所は分かりませんでしたが、アグネスチャン自身は「実家は落ち着く」と言っていますので、生まれ育ったままの場所なのだと思います

実家は金持ちなの?

スポンサーリンク

ただ、アグネスチャンのブログで実家で撮ったという写真が載せられていたののですが、 豪邸を匂わせるような内装なんです。

もともと裕福な家柄だったのか?

それともアグネスチャンが建てて差し上げたのか分かりませんが、アグネスチャンは勉強が出来ることでも有名ですし、 息子さん3人はスタンフォード大学出とエリート家系なので、それなりの家柄なのでしょう。

アグネスチャンの両親について

アグネスチャンのお父様は既に他界しています。

お母様は現在94歳になられています

母親は7人の子供を産んだ

アグネスチャンのお母様は何と 7人も子供を出産しました

19歳で結婚し、9回妊娠し、7人の子供が生まれ、6人が生き延びたそうです

アグネスチャンは自身も母親ですから、よく分かるのでしょう。

「お母さんの人生は子供に捧げた」と言っていて、とてもとても感謝しているそうです。

母の日に母親に感謝「長生きしてくださいね!」

母の日にアグネスチャンはお母様にこうコメントしました。

「ありがとう!お母さん!長生きしてくださいね!」

そして世界中のお母さんに対しては、

世界中のお母さんにハッピー母の日!子育ては責任重大なお仕事、でもそれと同時に恵であります。

与えられた役目をしっかり受け止めて頑張っている、頑張っていたお母さん達に乾杯!万歳!

そしてアグネスチャンは、お母様の若かりし頃の写真を公開しました。

お綺麗だなと思います。

7人の子供を産んだと聞いたので、どこかで肝っ玉母さんみたいな方を想像していたのですが、品が良さそうで優しそうなお母様ですね。

父親は芸能活動に反対だった

アグネスチャンのお父様は、アグネスチャンが芸能活動をすることを反対されていたようです。

インタビューでこう語っています。

「私には兄1人、姉2人、弟が2人います。姉のアイリーンは私が芸能界入りしたとき既に女優。

父は末娘の私まで芸能界に入ることに反対だったのです

1969年に香港で、72年に日本でデビューし、アイドルとなりましたが、父は私が学校にまともに通えず、食事も満足に取れず、ちやほやされることを危惧し続けました」

芸能界、しかも香港を離れて日本で活動することに反対するのは当然だったと思います。

アグネスチャンはまだ15歳でしたから、余計に心配だったのでしょう。

亡くなった父親の教えとは?

アグネスチャンは1972年に歌手デビューをし、ヒット曲を飛ばし続け第一線で活躍していました。

1976年に大学で勉強するために、芸能活動を休止しカナダのトロント大学へ留学したのですが、その時お父様が強くその道を勧めたそうです。

「父が何より大切にしたのは、学ぶことと健康であることです。

『名声やお金は流れていくし奪われもするが、一度頭に刻んだ知識は奪われず、それで食べてもいける』と常々言っていました。

政治不安が続いた香港や中国で刻まれた考えでしょう。

私が有名になった後も、家族では父だけが、 私をお金を稼ぐアグネス・チャンではなく、末娘の陳美齢として見続けてくれました

家族会議を重ねた末、父の意向に沿って引退。カナダのトロント大で心理学を学ぶため留学を決めました。」

やはり、自分よりも長く生きている人の助言やアドバイスには耳を傾けるべきですね。

アグネスチャンもお父様の助言を受入れたことは正解だったと思っていることでしょう。

スポンサーリンク
スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする