阿達雅志は結婚して妻はいるの?出身は山口県?訃報があったって本当?

日本の政治家、アメリカ合衆国の弁護士でもある阿達雅志さん。

阿達雅志さんは内閣府大臣政務官・国土交通大臣政務官(第4次安倍改造内閣)としても務めていました。

阿達雅志さんは結婚していて奥さんはいるのでしょうか?

今回は阿達雅志についてご紹介したいと思います。

【結婚事情】阿達雅志は結婚して妻はいるの?

阿達雅志さんは結婚しているのか調べてみました!

そもそも阿達雅志さんの家系がすごいのです。

通商産業大臣や運輸大臣を務めた元衆議院議員の佐藤信二は義父。

スポンサーリンク

また義祖父は

佐藤 栄作(さとう えいさく、1901年(明治34年)3月27日 – 1975年(昭和50年)6月3日)は、日本の鉄道官僚、政治家。

「政界の団十郎」「早耳の栄作」の異名を持ち、内閣総理大臣として日韓基本条約批准、非核三原則提唱、沖縄返還をなし遂げる

華麗なる政治家一家で育った奥さんと結婚されたのが阿達雅志さんということです!

奥さんの名前は実花さんというようですね。

奥さんの詳しい情報は出ていなかったのですが、このような著書を出版しているのを発見しました。

政治家になった父から18歳の息子へ。

2015年に出版している本です。

このように2015年に18歳の息子さんが居たことがわかります。

現在は息子さんは23歳くらいになるのでしょうかね^^

家系図を見て見ると、親族には現在の内閣総理大臣、安部晋三さんがいらっしゃることもわかりました。

奥さんの実花さんの従兄弟にあたるのでしょうか?

その他にも歴代首相や日本を代表する様々な政治家がいらっしゃいます。

これはすごい家系図ですね。

このような家系の方と結婚すると言うのはやはり、由緒正しい家柄の方でないとできないことなのかもしれませんね。

それと同時に一般家庭で育った身としてはかなりプレッシャーを感じてしまいそうですが笑

阿達雅志さんも良い家柄で育った方なのではないかと思います。

阿達雅志の出身地は山口県ではなく京都だった!

スポンサーリンク

阿達雅志さんの出身地が山口県だと言う情報もあったようですが、本当は京都府出身だそうです。

自民党の山口県支部には所属しているそうです。

京都府京都市左京区で生まれ、父親の転勤に伴い、福井市、堺市、高槻市で育つ。

高槻市立五領小学校、洛星中学校・高等学校、東京大学法学部卒業。

1983年、住友商事に入社し、車輌鋳鍛貿易部でアメリカ合衆国北部向けの鉄道車両の輸出に携わった。

1963年からアメリカ合衆国に駐在。

1991年、ニューヨーク大学ロースクールに入学し、1993年に修了(比較法修士MCJ, 法学修士LL.M.を取得)。

1992年にニューヨーク州弁護士資格を取得した。

1993年、日本に帰国し、住友商事法務部に勤務。

1996年より住友商事中国総代表室副部長。

1997年に住友商事法務部課長に就任し、2000年に退社した。

退社後、義父である佐藤信二衆議院議員の事務所に入所し、2003年より公設秘書。

2004年から2014年まで、ポール・ワイス・リフキンド・ワートン・ギャリソン外国法事務弁護士事務所カウンセル。

京都府で生まれましたが、転勤族で色々な都市で育ったようです。

それにしても経歴がすごいですね!

東京大学を卒業をし、住友商事に入社、ニューヨーク州弁護士資格を取得。

そして政治家へと転身することになるのですね。

政治家となったのは奥さんとご結婚した後に、義父の公設秘書となってからなんですね。

やはり政治家になることを念頭に入れている人と結婚しなきゃいけなかったのでしょうかね?

家系図をみてみると、すごい方々の名前が並んでいるので、ちょっとパニックになりました笑

とにかくすごい親族がたくさんいらっしゃいます!!

阿達雅志の訃報があったという噂はデマ!

そんな阿達雅志さんに訃報があったいう情報があったそうなのですが、こちらはもちろんデマ!

阿達雅志さんは現在59歳でまだまだお若いのでご存命ですよ!

何故このようなデマが流れたのかと言うと、こちらのニュースを勘違いされているのではないでしょうか。

阿達 雄治氏(あだち・ゆうじ=阿達雅志参院議員の父)4月4日死去、91歳。

告別式は近親者で行った。

2018年4月4日の実父である阿達雄治氏が亡くなったというニュースがあり、そちらを勘違いされた方がいたのかもしれませんね。

実父の阿達雄治氏は政治家ではなかったようですが、議員のお父様と言うことでニュースになったのでしょう。

阿達雅志さんは京都府出身の東京大学卒業、ニューヨーク州弁護士。

そして政治家一家で育った奥さんとご結婚していて、息子さんがいらっしゃるということがわかりました。

奥さんのお父様のあとを受け継いで政治家となった阿達雅志さんは今後も、日本の政治で歴史に名を残すのではないでしょうか。

今後は息子さんが政治家となる日もあるのかもしれませんね。

スポンサーリンク
スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする